賃貸の相場と必要な年収

賃貸アパートを借りる場合の年収について

サラリーマンをしている人にとって、住居環境は非常に重要な要素になってきます。
自分の通勤スタイルによってどのような家に住むのかを検討していくのですが、会社が駅から近い場合は、おのずと交通手段は電車通勤になりますので、住む家も駅から近い方が便利になってきます。
さらには、会社から近い家を探すのも一つの手段になります。会社から近い場合は、通勤時間が短縮されますのでその分時間を有意義に使うことができるからです。
さらには、自分の年収によって住む家を考える必要があります。家賃は自分の月収の4割以内におさえないと生活が苦しくなるというガイドラインも出ていますので、まずは自分の年収をしっかりと把握したうえで住む家を決定します。
特に家賃が高くても良い場合は、駅から近くて広い家で賃貸アパートよりも賃貸マンションを借りる方が、隣の音を気にすることなく、また上の階の人の足音も気にすることなく過ごすことができます。
逆に年収が低くて家賃を抑えたい場合は賃貸アパートを借りることで家賃を低くすることができます。その場合にはマンションの時とは違い、壁が薄くなるので上の階の人の足音など気になるポイントはいくつか出てきます。

賃貸アパートの相場の調べ方

賃貸アパートの相場の調べ方 賃貸アパートを借りる際、気になるのが賃料相場です。
不動産会社に行く前に、あらかじめ自分で調べておくとおおよその目安がついて意思決定もスムーズになります。
賃貸アパートの相場の調べ方ですが、インターネットで調べることが可能です。引越しを検討している地域名や路線に賃貸などのキーワードをプラスして検索をすれば、全国の賃貸物件を検索できるポータルサイトがいくつか見つかります。
多くのサイトでは、条件を入力、選択して検索をかけられるようになっているので、好みの条件の物件を一覧でピックアップすることができるので便利です。
主な条件の項目としては、駅からの距離、間取り、築年数、平米数、賃料(何万円~)、バストイレ別、エアコン付き、オートロック付き、2階以上などになります。
この中で好みの条件にチェックを入れて検索をかけると、今空室の希望に近い物件を一覧でチェックすることができます。
ピックアップされた各部屋には必ず賃料が載っているので、それをいくつかチェックすればおおよその相場を知ることができます。
なお、ポータルサイトによって掲載されている物件が異なる場合があるため、2つか3つくらい、大手のサイトをチェックするとより漏れが少なくなります。

おすすめWEBサイト 8選

都田建設の信念
icタグの導入
浦和にある歯科で相談

最終更新日:2018/7/10